【重要】月経カップの情報は間違いだらけ?!医師は詳しくないので要注意!【マニアの妖子】

こんばんは、日本一月経カップに詳しいヲタクを目指す妖子です。


今日は、「医師と月経カップ」について熱く語っていきたいと思います。


そして、情報収集をする際の注意事項や、ちょっとした小ワザもシェアいたします。


決して明るい話題ではありませんが、月経カップの研究をしている人間としては、避けられないトピックです。


情報収集をする時は、是非参考にしてください。


それでは今日も元気にいこう!



わからない単語が出てきたら、当サイトの用語集でご確認ください!
用語集はこちら


月経カップの情報何を信じる?

  1. 医師は月経カップ詳しくない
  2. 「医師」という超パワーワード
  3. 妖子が体験した残念な実話
  4. 医師のことは責められない
  5. 体験談に勝るものなし
  6. 口コミの信憑性
  7. まとめ

医師は月経カップ詳しくない

今日の主題は、ズバリこれです。


医師は「医療」のプロですが、
「生理用品」のプロではありません。



ましてや、生理用品の中でも、月経カップはとても奥深いアイテムです。


「医療に必要な知識」と、


「月経カップに必要な知識」は


別なのです


(もちろん関連する点もたくさんありますが)


月経カップが世の中に認知されはじめたのが2020年頃。


まだまだ新しいアイテムです。


ゆえに、月経カップの存在を知らない医師もたくさんいます


「月経カップが取れなくなって病院のお世話になった」というレビューをチラホラ見かけますが、


実際に体験したユーザーによると、担当した医師はそこではじめて月経カップを認知したとのことでした。


一方で、自身が月経カップユーザーの医師もいます。


注意したいのは、


「使っているからと言って、
月経カップに詳しいわけではない」



ということ。


私は、この活動を初めて3年以上経ちますが、月経カップは未だに謎だらけです。


向きあえば向き合うほど謎が増え、新しい発見があります。


そんな私だからこそ断言できますが、


ただ単に使っているだけでは、本当の意味で月経カップを知ることはできません


時間を割いて調査し、実際に何個も使用し、他のユーザーの体験をシェアしてもらい、ようやく何かが見えてくるというレベルです。


月経カップを知ろうとすると、時間と労力がかかるのです。


言うまでもなく、医師には本業があります


よって、その医師が趣味の一環でカップに興味を持たない限り、月経カップに詳しくなるのはほとんど不可能だと思います。


有名だったり、SNSで熱心に発信していたりする医師の中で、月経カップの知識に長けた人は見たことがありません。


メディアに露出していないだけで、月経カップマニアの医師がどこかにいらっしゃるのでしょうか?


情報求む!



確かに医師は月経カップには詳しくありません。でも、月経カップの安全性を発信出来るのは医師だけです。
ですので月経カップをオススメしてくれる医師は本当にありがたいのです。
一方で、月経カップのことをよく知らない医師は、使用を否定してきますので、利用者が混乱するのも事実です。



「医師」という超パワーワード

医師が月経カップに詳しくない事実を知ると、


【医師監修】の信憑性の低さ


がおわかり頂けると思います。


とは言っても、


世の中に出回っているほとんどの記事は、安全性とか超基本の使い方と言った、「いろは」の「い」の内容なので、


特別月経カップに詳しくない医師でも、コメント出来るものばかりです。


しかし・・・


ひとたび突っ込んだ内容になると、見事にボロボロになります。


なぜここまで言い切れるのか。


実は以前、


「中途半端な知識で、監修しないでくれぇ!」


とムンクさながらに叫んでしまった事件があったからです。


「医師監修」は、超強力なフレーズですが、


月経カップに関しては、


大きな落とし穴になる可能性が高いので、


「医師監修」の価値の認識を改める必要があります。

妖子が体験した残念な実話

だいぶ前のことですが、


とても有名なウェブサイトが、やらかしてくれました。


医師監修の元、非常に気合の入った記事なのですが、


「月経カップを選ぶ時に、直径や長さを気にする必要はない。」


と言い切っていたのです。


・・・・


このコミュニティによく出入りしているCPNなら、これがいかに無責任な発言かわかりますよね。


∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!


勘弁してくれ!


と雄たけびをあげながら、間髪入れずクレームをいれました。


ありとあらゆるウェブやら、記事やらのリンクと共に「これ間違っているから直してくれ!」と。


現在はその文言は、同サイトから削除されています。


もしかしたら、私以外の月経カップ有識者からも、クレームが入ったのかもしれません。


少し月経カップに詳しい人が見たら、全体的にズレたことをしているのは、一目瞭然の内容だったので、


他からクレームが入っていても不思議ではありません。


とはいえ、すべてが間違っているわけではなく・・・


むしろ月経カップを推してくれてありがたいんだけど・・・・


「よく知らない人が、


営利目的で企画するとこうなる」


の典型例だと感じました。


正直なところ、月経カップの間違った情報は、世の中に溢れまくっているので、


見つけたところで修正依頼をしたことは一度もないのですが、


その時だけは状況が違いました。


あまりにも有名なサイトで、しかも・・・


【医師監修】のお墨付き


ヤバすぎる!


そんなこんなでこの時だけは行動にうつしたのですが、文言も消えたし、お節介炸裂させて良かったなぁと思っています。



この記事は、サイトや医師を責める目的で書いていません。サイトや医師の検討がついても、どうか皆さんの胸の内にしまっておいて頂けると嬉しいです。

医師のことは責められない

この一件から、一筋縄ではいかない現状を、目の当たりにしました。


【編集側】
医師に聞けば間違いない

【医師】
そもそも専門じゃない



どちらが悪いのか・・・?


どちらも悪くない。


きっかけがないと、月経カップの奥深さに気づくのは難しいと思うので、


「医師の知識だけで対応できる」と考えた結果の「監修」であれば、医師のことも責められないなぁと感じます。


とはいえ、「医師監修」の記事で間違った情報を流している事実は変わらず、


不利益を被るのは読者ですから、


「医師だからって専門外の仕事を引き受けないで!」


が本音です。


月経カップ業界に限らず、専門外の人がコメントをする光景はよく見ますよね。


発信側に悪気はなかったとしても、間違いは間違い。


こうなってくると、情報収集する側の


「すべての情報を疑うクセ」


が大事と感じます。



「医師監修」の内容すべてが間違っているわけではありません。
一番注意して欲しいのは、医師が語る「月経カップの選び方」や「おすすめの月経カップ」です。

体験談に勝るものなし

月経カップの情報を集めようと思ったら、最強なのはやはり・・・


複数の口コミです!


有名サイトの記事や、医師監修の記事は、営利目的が多いので、個人的には避けたいところ。


月経カップ業界に限りませんが、ランキングなどが操作されている可能性もあります。


それでは、 各月経カップメーカーのサイトはどうでしょう。


月経カップの基本を知るには十分ですが、メーカーが発信する情報は「良いところだけ」です。


自分達に都合が悪いことを、わざわざ発信するメーカーはいませんよね?


これは当然のことで、悪いことではありません。


月経カップメーカーのサイトでは、


「情熱チェック」がオススメです


どれだけ月経カップに詳しくて、ユーザーのことを考えているか。


月経カップは医療機器ですから、扱うメーカーの「モラル」「情熱レベル」はとても大事だと考えています。


さて、少々脱線しましたが、私は活動の都合上、Amazonや楽天の商品レビューをよく見ます。


(たまに私の名前が出てくるのも楽しいし、おもしろいし、気分が良い笑)


そして、日本国内に限らず、海外のレビューや体験談ブログもよく見ます。


そしてそして、私が主催のYouTube生配信。


月経カップファンや初心者さんが集い、チャット上で交わされる意見交換は、


情報の質としては、控えめに言って・・・


最強です。


結論は、


体験談に勝るものなし。


月経カップの安全性を医学の視点から語るのは、一般人には難しいです。


でも逆を言うと、それ以外の情報は、「金銭が絡んでいないリアルな声」から収集するのが一番。


ありがたいことに、月経カップ関連のブログやレビューは日に日に増えていますので、日本語で検索しても、それなりの量に目を通すことが出来ます。


積極的に活用させてもらいましょう。


ただし、こうした個人やECサイトのレビューにも注意事項がありますので、次の項目で説明します。



口コミやレビューと少し違う立ち位置なのが「月経カップの選び方」です。
単純に「知っているか、知らないか」の世界なので、基本的な選び方は是非当サイトで学んでいってくださいね!
選び方① 6つのポイント
選び方② 実際に選ぶ
選び方③ 子宮口の測り方


★月経カップの疑問を皆で解決★
週1で月経カップや月経ディスクのお悩み相談生配信を実施しています。
私や先輩ユーザーが、音声やチャットを駆使し、お悩みや疑問に回答します。
笑いあり、学びありで、ゆる~く行っていますので、是非遊びにきてください。


★毎週水曜日22時★

過去の生配信の様子はこちら。

口コミの信憑性

Amazonのレビューを、日頃から利用する人は多いと思いますが、


レビューには大量の「サクラ」がいることをご存じですか?


残念ながら、月経カップも例外ではありません。


ここで、とても便利なオンラインツールをシェアします。


「サクラチェッカー」
https://sakura-checker.jp/


わかりやすい名称なので、一度聞いたら忘れないですよね。


トップページの検索窓に商品を打ち込むだけで、その商品の「さくらレベル」を教えてくれます。


試しに「毛穴吸引器」で検索してみましょう。上位10件の結果がこちらです。


サクラチェッカー_月経カップ情報サイトCupsWithYou


wwwwww


美容系は「サクラレビューの巣窟」と言われているだけあって、なかなかの絶景です笑。


もちろん精度は100%ではありませんが、参考にはなると思われます。


ちなみに、月経カップで検索すると、ほとんどのアイテムが健全でした。


たまに、中華系で危険判定が出ますが、まぁ驚きません。


また、検索時期によって、結果は変わるみたいです。


ただ、これはAmazon限定のツールであって、それ以外はどこで判断すれば良いのでしょう?


あくまで私個人の基準ですが、


「明らかに金銭が発生しているサイト」は警戒度MAXで目を通しています。


個人のサイトでは、試していない月経カップの広告を貼るケースも多くありますので、文章をよく読むこと。


そして、すべてに共通するポイントは、以下の2点。


・3カ月以上使用している
・複数個所有している


その人が持つ月経カップの情報の質は、


「キャリア年数」「試した個数」に比例する



と考えています。


一通りの失敗を経験し、月経カップの酸いも甘いも熟知している状態、笑。


最初の数サイクルでは、正しく使えていない人がたくさんいますので、欲を言えば、半年以上のキャリアが望ましいかもしれません。


「月経カップを使い始めて数年経ちました」というユーザーが、日本でも増えてきています。


是非そうした人達のレビューを参考にしてみてください。

まとめ

・医師は月経カップ詳しくない
・営利目的の情報サイトは要注意
・口コミが一番、でもサクラに注意


今日の内容は、月経カップ以外の分野でも、大事なことだと思います。


私がこの活動を通して得た、大きな学びのひとつは、


「すべての情報を疑え」


です。


相手がどんなに有名でも、普段から信頼している人物でも、関係ありません。


悪気はなくても、デタラメな情報を発信してしまうことは、誰にでもあります。


そんなわけで、私が発信する際はとても気を付けていますが、明日は我が身。


今後も細心の注意を払って、皆さんにマニアックな情報をお届ければできればと思います。


自分で記事を書いたら、気持ちが引き締まってすごく良い!!