【ディーバカップ完全攻略】世界で一番売れている月経カップ!注意点や選び方、オススメ出来る人など徹底レビュー!

ディーバカップパッケージ
ようこそ!本日は「ディーバカップ」愛を大いに語りたいと思います!

ディーバカップを愛用して、早3年。知名度や、ブランド力だけを頼りに、購入しようとしている人に向けた注意喚起です!

とても使いやすいのですが、万人受けする商品ではないので、要注意!

それでは、今日も元気にお届け!

★世界の月経カップ「ディーバカップ」★

  1. 月経カップ【ディーバカップ】とは?
  2. ディーバカップのサイズの特徴
  3. これから買う人に向けた注意点
  4. オススメ出来る人はこんな人
  5. まとめ

月経カップ【ディーバカップ】とは?

ディーバカップは、2003年に誕生したカナダ生まれの月経カップ。当時はモデル1、モデル2の2サイズで展開をはじめました。

月経カップの認知度がまだ低かった頃に、CEOであるキャリーン・チャンバース・セイニーは、「使い捨て生理用品に代わる次世代の商品開発」を、母親との二人三脚で実現させました。

とても野心的で、ハートフルな長い歴史を持った月経カップメーカーです。




そんなディーバカップの強みは、なんといってもユーザーの多さから来る信頼度の高さ。世界を見渡すと、「一番最初に買った月経カップはディーバカップだった」というユーザーもたくさんいます。


月経カップ_ディーバカップモデル0

そして、シンプル・イズ・ザ・ベストを代表するかのような形も魅力のひとつ。はじめてのユーザーでも扱いやすいのは、妖子個人が証明できます。(ただし、長さがあるので、慣れが必要かも。)

ディーバカップのサイズの特徴

2019年春に、ディーバカップはティーン向けの新商品「model 0」を発売しました。「10代でも安心して使える」をコンセプトに、さらにサイズを小さくしたモデルです。

これで、サイズ展開が3つになったディーバカップですが、すべてに共通するのが【縦の長さ】なのです。

サイズが変われば、縦の長さも変わるのが一般的ですが、ディーバカップは変わりません。



この特徴こそ、要注意ポイントなのです。



愛用している私も、実はサイズは合っていません(爆)

これから買う人に向けた注意点







※全月経カップ比較表はこちら

先にも述べたように、ディーバカップはユーザーにとっての魅力がたくさんあります。

でも、まずは、



膣の 長さを必ずはかるようにしてください!!!! ※膣の長さの測り方はこちらをどうぞ!



ディーバカップの縦の長さは56mm。膣の長さが56mmに届かない人は、残念ながらディーバカップは合いません。

カップのお尻が膣から出てしまい、異物感があったり、不快感を得る原因になるかもしれません。

ちなみに、私の膣の長さは50mm。ディーバカップとは6mmもの差があります。

比較対象がなかった私は、「まぁこんなものかなぁ」と何も知らないまま2年使い続けました。



2年です。(ドヤっ)



逆を言うと、サイズが合っていなくても、2年は使えるという証明、とも言えますが(笑)。

でも、複数持っている今だから言えるのは、「可能な限りベストな月経カップを探す」姿勢が、より快適な生理ライフを実現させるのは間違いない、ということです。

オススメ出来る人はこんな人

膣の長さが56mmある方には、自信を持ってオススメしましょう!
もっと細かく言うと、子宮口の高さが65-75mmの方がベスト(妖子調べ)。

良い意味で自己主張がないシンプルな形で、サイズが長い分、とても掴みやすいのが最大の魅力

余談ですが、私は手がだいぶ大きいです。そんな私には、このサイズ感はとても心地良い。

固さは、固すぎず、柔らかすぎない中間レベル。適度な固さは、カップの開きやすさと、快適な装着感につながります。

また、V字型というのもポイントで、ベル型に比べて開きやすくなり、お尻が尖がっているため、取り出す時に掴みやすいです。

自然体にこだわるディーバカップは、着色をしないため、色は白一択。

カップが白いと血液による着色は避けられませんが、逆を言うと、血液の健康状態をしっかり確認できる良さがあります。着色自体は、カップの衛生状態には影響しませんので、気にしなくても大丈夫です。


iHerbでも買えます!

まとめ

ディーバカップを買うかどうかは、 膣の長さが56mmあるかどうか!

今日のまとめは、シンプルです。これだけです。

月経カップの選び方に正解はありません。

装着して「最高♡」と思えたら、それが正解です。

正解は提供できないけれど、参考になる情報や体験談はシェアできる!

そんな心意気で記事を書いています。

皆さんが、その最高に出会えますように♪