【体験談】失敗だらけの月経カップデビュー。マニア妖子のデビューエピソード。

こんばんは、妖子です。


そういえば、動画でも、ブログでも、扱ったことなかったなぁ~・・・


ということで、今日は妖子自身の


月経カップデビューエピソードを、シェアいたします!


私は


サイズ選びで大失敗した典型例


です。


これからデビューする人に、同じ過ちを犯して欲しくないので、熱を入れて書きます!


それでは今日も、元気に行ってみよう!



わからない単語が出てきたら、当サイトの用語集でご確認ください!
用語集はこちら


月経カップ、出会いからマニアになるまでの記録

  1. 妖子と月経カップの出会い
  2. 説明書も読まずに気合でIN
  3. 取り出しに大苦戦
  4. 生理本番の記憶なし
  5. サイズが合ってなくて衝撃
  6. QOL改善に目覚める
  7. 伝えたいこと
  8. 最後に

妖子と月経カップの出会い

2017年10月。


カナダに(一瞬)住んでいた私は、週末のドラッグストアを散歩するのが、習慣になっていました。


その日もなんとなぁく、店内をブラブラしていると、馴染みのないパッケージが、視界に飛び込んできたのです。



※この頃は旧パッケージ



「生理用品コーナーだよね?この透明カップ、なに?」


その時、手にした商品こそ、まさに月経カップ。


世界で最も売れていて、最も有名な「ディーバカップ」でした。


好奇心旺盛だけが取柄の私は、瞬時に着火。


「経血を溜める?!繰り返し使える?!


おもしろ!


メンバーズカードのポイントが貯まっていたのも手伝って、躊躇することなく、購入に至ったのでした。


今でも忘れられないのが、貯まっていたポイントが、過不足なくディーバカップの金額分だったこと。


このあたりから、ご縁が始まっていたのかもしれません。


ただ、残念ながら、このディーバカップ、私には長すぎて、現在利用することはありません(ちなみに、この時購入したのは、大サイズ)


でも、今にして思えば、


「サイズが合っていなかった」というのもポイントなのです。


この時、自分にぴったりサイズの月経カップを選べていたら、間違いなく、


月経カップマニアは、誕生していません


YouTubeで動画を投稿したきっかけは、この時の失敗だからです。


そんなことも含めて、あのドラッグストアに、ディーバカップ以外のブランドが置いてなかったことも、運命だったなと思うのです。



ディーバカップは、サイズが合えば、初心者さんにもオススメできる良いカップです♪オススメtop3の記事も合わせてどうぞ。

説明書も読まずに気合でIN

さて、そんな唐突な出会いにより、月経カップが手元にやってきました。


7年前のことなので、煮沸消毒したかは覚えていません。


なんなら、説明書も読んでないと思う(爆)


生理は来てなかったけれど、使ってみたい気持ちが先走ってしまい、


パッケージの裏に書いてあった簡単な図解を頼りに、とりあえず、挿入チャレンジすることに。


当時の家のシャワールームは、トイレ・洗面所・シャワーが同じ空間にある、


THE海外な構造で、とても広く、床が全面タイル張り。



※写真はイメージです。


仮に経血をこぼしても、すぐに洗い流せる、ありがたい環境でした。


「これなら、本番もストレスフリーだ!」と、喜んでいたことを思い出します。


下半身だけすっぽんぽんになり、パンチダウンフォールドで、いざ挿入。


・・・・・


入らない


角の部分が、入り口に引っかかってしまって、


入らない。


タンポンすら、まともに使えなかった私だったので、多少の恐怖もありました


どれくらいの力加減で、押し込めば良いかわからず、


出しては入れ、出しては入れ、を繰り返し、いつの間にか、上半身は汗でぐちゃぐちゃ。


上半身もすっぽんぽんになって(結局全裸)、チャレンジ続行。


時間にして、どれくらい格闘したかは覚えていませんが、


最終的に、挿入に成功した秘訣は、「多少の痛みを覚悟して、思い切り押し込む」でした。


今でこそ、挿入のコツや、痛み緩和の秘訣なんかを、発信していますが、


かく言う私の挿入デビューは、


力技でした。笑。


幸いなことに、ディーバカップは、硬さも弾力も標準なので、トラウマになるような痛みを経験することなく、


なんとか、挿入は成功!!


挿入が成功して、メチャクチャ興奮していたので、


開いているか、装着位置は正しいのか、取り出せるか、まで頭は回りませんでした。


興奮状態のまま、ベッドの上でダラダラ過ごし、挿入から30分絶ったところで、取り出しにチャレンジすることにしました。

取り出しに大苦戦

ここで今一度、おさらいです。


・ステム+カップのお尻5mmくらい出てる
・説明書読んでない
・月経カップの予備知識ゼロ


説明書読んでなくても、それだけカップが出てれば、余裕で取れるでしょ!!と、思ったら


大間違いです!


取り出しで一番大事なのは、密閉解除


そして、カップの折り畳み


説明書もまともに読んでいないのだから、知る由もなく・・・。


何もせずに引き出そうとしたら、普通に痛い。


折り畳まずに、引き出したら、膣口裂けそう。


冷や汗をかきながら、引っ張る→痛い、を繰り返し、


実践の中で、気づきました。


「おぉ、リム付近を押すと、空気が入る!」


「つぶして小さくすれば、痛くない!」


今から思えば、本当に非効率でしたが、


なんとなく、取り出しも成功し、練習終了。


あとは、生理本番を待つのみ!

生理本番の記憶なし

生理本番の使用の記憶は、ほとんど残っていません笑。


おそらく、トラブルなく、スムーズに使えたから、記憶に残らなかったのでしょう。


ただひとつ、鮮明に覚えていること。


「うぉ~~本当に溜まってる!!そして、漏れてない!」


「感動!」


あの感動は、一生記憶の片隅に、残り続ける気がします。


初めて溜まった時の感動。


初めて漏れなしを体験した時の感動。


これらは、1度しか味わえないので、


あの瞬間は大事にして欲しいです!

サイズが合ってなくて衝撃

ディーバカップデビューから約1年半。


月経カップの海外サイトを読んでいて、気づいたのです。


「ディーバカップ、私に合ってない」と。


衝撃でした。


それでもナプキンに比べたら、天と地ほどの差で、月経カップの方が快適だったわけで、


サイズが合っていたら、どれだけ楽なのだろうか・・・。


日本語では、欲しい情報がなく、


海外の情報サイトを必死になって、読み漁り、


2個目の月経カップ「ルネット」に出会ったのでした。



※当時は旧パッケージ。


ルネットを決める過程で、世の中には、たくさんの月経カップが存在することを知ります。


「この世には、もっともっと、生理を快適にしてくれる月経カップが、あるのではないか?」


2個目の月経カップを探し始めたあたりから、「月経カップマニア」が覚醒したのでした。

QOL改善に目覚める

月経カップデビュー後、「生理痛やPMSも、なんとかしたい」と思い、低用量ピルの服用をはじめました


それが、2019年2月のことです。


今では、低用量ピル×月経カップで、平穏&快適な生理生活を過ごしています。


なんなら、月経カップが娯楽になってしまい、エンターテインメントの一つとして楽しんでいます笑。


『月経カップをエンタメとして活用して欲しい』などとは、1mmも思いませんが(特殊なので)


それでも、今の日本には、意識の改善が必須だと思います。


「生理は仕方ない」


生理と共に生きる、ほとんどの日本人の思考回路は、コレだと思います。


月経カップに出会う前の私も、そうでした。


でも、ハッキリ言いましょう。


仕方『なく』なぁぁぁい!!


そもそも生殖動物にとって、


生理は必ずしも、必要な機能ではありません


なのに、なぜか人間には存在する。


さらに、存在するからと言って、毎月なければならないのか、というと、そういうわけでもない。


ここを深堀りすると、イライラしてくるので、あまり考えないようにしていますが笑、


生理はなくて良いんです!!


極端な生理不順や、ダイエットで生理が止まるというのは、異常なので、


勘違いしないで頂きたいのですが、


仕組みを理解して、医師の指導のもとであれば、


生理を完全に止めてしまっても、問題ないのです。


皆さんは、自分の生理に満足ですか?


困っていませんか?


まずは、知ることから、始めてみてください。



伝えたいこと

私の月経カップデビューのエピソードから、皆さんに伝えたいのは、一つだけです。


「予習、絶対!」


説明書も、絶対読むこと!!
※説明書は、100%正しいわけではありません。


当時は、ローサベ/ハイサベなどの概念はありませんし、


「取り出せなくなって病院のお世話になる」というエピソードが、世の中に存在することも知りませんでした。


準備をしなかった(=知識がなかった)故に、余計な心配をしなかったのは、ラッキーでしたが、


それで何事もなかったのは、結果論でしかなく


私がハイサベだったら、準備不足ゆえに、取り出しの時に、大変な思いをしたことでしょう。


私は本当にラッキーだっただけ。


また、挿入に成功した後は、ずっと異物感がありました


カップのお尻もステムも、膣から出ていたのですから、当然です。


でも、何が「正」なのかわからなかった妖子は、この状態で2年も、ディーバカップを使い続けることになります。


自分にぴったりのカップに出会った今となっては、


ディーバの使用は考えられません。


これからデビューする人には、購入前に、出来る限りの準備をすることをオススメします。



月経カップデビューしたけれど、装着中の痛みや不快感、漏れなどがある人は、何かが間違っている可能性があります。月経カップは、「存在感ない」、「漏れがない」が正解です。

最後に

今でこそ、月経カップキャリア6年目、マニア活動4年目と、それなりの年数になってきましたが、


私にも初心者の時期は、当然ありました。


しかも、全く予習をせず、猪突猛進して失敗する、という、反面教師タイプの初心者でした笑。


誰もが最初は、初心者です。


失敗しても、必要以上に、落ち込まないで欲しいですし、


失敗を通して、自分の体と向き合うことが出来るようになる事実もあります。


でも!!


経験しなくて済むなら、失敗は避けたい!


それも、また本音。


ましてや、サイズ間違いなどは、その最たるもの


相性は使ってみないとわかりませんが、サイズの選定はデビュー前に、出来ることがたくさんあります。


そこを伝えるために、この活動を始めたと言っても過言ではないですし、


活動4年目の現在は、ブログもYouTubeも、だいぶ充実してきたと自負しています。


これからデビューを考えている人、


2個目以降のカップ購入を検討している人、


手に入る情報はフル活用して、快適な生理ライフを送って欲しいです!!!