【注意喚起】コンドーム VS 月経カップ。 思わぬトラブルで失敗する前に!

こんばんは、妖子です。


やって来ました!禁断シリーズ第三弾!


『コンプラの関係で、動画にするにはハードルが高い、


でも、大事!』


がコンセプトのこのコーナー。


ただ、残念ながら、今日の『禁断レベル』は、あまり高くありません。


でも、動画だと、


・伏字だらけになる
・広告はがされる
・年齢制限



は、必至なので、文字でお届けします。


月経カップだけでなく、セックス生活にも大事な情報です。


それでは、今日も、元気にいこう!!



わからない単語が出てきたら、当サイトの用語集でご確認ください!
用語集はこちら

当記事には、アフィリエイトの商品を含みます。

コンドームと月経カップ

  1. コンドームの基本
  2. 月経カップが溶ける?!
  3. 潤滑剤には注意
  4. おすすめ潤滑剤
  5. オマケ

コンドームの基本

コンドームそのものを知らない人はいないと思いますが、


コンドームにも種類があることは、ご存じでしょうか?


そう、月経カップと同様。


素材に違いがあるのです!


もし、今後の人生の中で、


「ゴムアレルギーだから、コンドームできない」という殿方に出会ったら、


「じゃぁ、ゴム素材じゃないの使おうね♡」と、笑顔で返してあげてください。


自分の身は自分で守る。


これ、鉄則!!


コンドームの素材は、以下の通り。


★コンドームの素材★
・天然ゴムラテックス製
・ポリウレタン製
・イソプレンラバー製


そして、さらに。


潤滑剤が塗布されているコンドームもあり、その潤滑剤にも種類があります。


★潤滑剤の種類★
・ウォーターベース
・シリコーンベース
・オイルベース


今回、月経カップに関係するのは、コンドームそのものではなく、


塗布されている潤滑剤の方です。



コンドームの基本(外部リンク)
※アダルトグッズ専門店のため、年齢確認が出ますが、いたってマジメな記事、かつ、実用的です。

月経カップが溶ける?!

さぁ、いよいよ、本題です。


このエピソードは、実際にあった体験談であり、海外のサイトで見つけました。


そして、他人事ではないと思い、こうして記事に取り上げている次第です。


端的に、要点をまとめると・・・


セックス直後に生理開始

月経カップ挿入

数日後カップがおかしい

コンドームの潤滑剤でシリコーン劣化!!


びっくりですよね。


でも、月経カップを予習をしている人は、


「確かに、そういうこともある得るか」と納得できるはずです。


月経カップと相性が良い潤滑剤は、


水溶性のみ


このユーザーが使ったコンドームに、塗布されていたのは


シリコーンベース


柔らかいグミのような、なんとも言えない感触に変化してしまった、という話です。


シリコーン製のラブグッズに、シリコーンベースの潤滑剤を使用した時にも、


同じようなことが起こったため、ピンと来た、ということも、書かれていました。

潤滑剤には注意

もちろん私は、潤滑剤の種類によって、カップが劣化する事実は知っていました。


ただ、膣の中に残っていた潤滑剤に反応してしまうケースは、盲点でした。


知識は、
最強の武器であり、
防具



知ってさえいれば、容易に避けられるアクシデントなので、


何かのご縁でこの記事を読んでいる皆さんは、是非、頭の片隅にしまっておいてください。


また、追記しておきたいのは、月経カップの種類


このユーザーが使っていたカップは、日本でもおなじみ、ノプラ兄弟でした。


全体的な質は二流、三流かもしれませんが、シリコーン素材であることは、オリジナルも変わりませんので、


おそらく、どのブランドでも、同じことが起こると予想しています。



TPE製の月経カップも、同じように考えてOKです。



おすすめ潤滑剤

最後に、おすすめのアイテムを紹介して、今日の記事を締めたいと思います。


潤滑剤の解説は、別の記事にてがっつり解説予定で、


私が今まで試したローションや潤滑剤のレビューも載せますので、お楽しみに♪


おすすめの潤滑剤





医師達のお墨付きで、老舗ブランドであるリューブゼリー。


ドラッグストアなどでも、手軽に入手できます。


月経カップの挿入にはもちろん、性行痛の緩和にも役立ちます。


恥ずかしいと思わず、自分の体をケアするためのお買い物なので、自信を持って購入してくださいね。


周りになんと言われようと、肌に使う化粧水や、美容液と同列に考えて欲しいです!!!

オマケ

最初にコンドームの種類にも触れたのには、ワケがありまして・・・


勘の良い人は、お気づきだと思います。


『コンドームの素材』 と 『潤滑剤の種類』にも相性があります


間違った組み合わせだと、『コンドームが破れる』という、最恐事件に発展する可能性もあるので、


十分にご注意ください。


このあたりは、いろいろなサイトが啓発してくれているので、詳細はグーグル先生に訊いてみてくださいね!


それでは、また次回!