【徹底解説】月経カップは処女でも使えるの?処女膜の都市伝説についても教えちゃう!【マニアの妖子】

こんばんは、妖子です!


今日は、処女膜と処女と月経カップの関係性を学ぶ回でございます。


月経カップを使う人の中には、タンポン以上のサイズを挿入したことがないという人もいます。


そうした人の中には、「入るのかどうか」という不安と、


「処女ではなくなってしまうのではないか?」という疑問を持っている人も多いでしょう。


実は、処女膜・処女というトピックは、とぉぉぉぉぉぉってもスケールが大きくて、深いトピックなのです!


まるで、月経カップみたい!


それでは、今日も元気にまいりましょう!





★関連動画はこちら★



月経カップ VS 処女膜

  1. 処女膜とは?
  2. 処女膜の消失
  3. 処女とは?
  4. 処女でも月経カップを使えるのか?
  5. 処女膜強靭症
  6. 処女膜閉鎖症
  7. まとめ

処女膜とは?

処女膜は、膣の入口付近に存在する弾力性のある組織です。


女性の膣は、お母さんのおなかの中にいるときは、膜(まく)によってふさがれています


そして、生後直後に膜には自然と穴が開いて、経血の通り道が出来ます


つまり、私たちの言う処女膜は、


「かつて膜だった組織の名残であり、もはや膜ではない」んです。


本当に膣の入口に膜が張っていたら、初潮を迎えても、経血が体の外に出てくることが出来ず大変ですよね。


名前から誤解されやすい部位ですが、この点をしっかりおさえておきましょう。

処女膜の消失




上に挙げた画像は、処女膜の形です。


白い部分が生後に空いた穴、緑の斜線部分が膜の名残です。


このように、人によって穴の開き方は様々で、小さめの穴が開いている場合もあれば、大き目の穴が開いている場合もあります。レアケースですが、右の3つのような形もあります。


ただ、どの処女膜にも共通しているのは、比較的もろい組織であるということです。


自転車や乗馬、タンポンの使用、指の挿入などで、処女膜はこすれたり、ちぎれたりして、どんどん消失していきます(処女膜が柔らかい人は伸びるだけで破れないらしい)。


消失の具合は人それぞれで、ライフスタイルと処女膜の形によっては、はじめて月経カップを使う時点で、処女膜を完全に喪失している人もいるでしょうし、まだ残っている人もいます。


日常生活を送っている中で、


処女膜がすり減るのは決して異常なことではありません


なので月経カップを使うことで、処女膜が破れる・傷つけられるという情報があるとしたら、それは半分正解で、半分間違った認識であると言えます。


月経カップを使うことで処女膜を傷つけることはある、
でも元から破れてるし、
日常生活でもすり減るから気にしなくてOK



ということです。

処女とは?

処女膜の性質がわかったところで、改めて「処女」とは何でしょうか?


言われてみると、深く考えたことがある人は少ないと思います。


本当に膜があって、それを破って、穴が空いて処女卒業!であれば、こんなにわかりやすい話はないのですが、処女膜が「完全な膜」ではなかったとすると、なかなか複雑な予感がしますね。


実は「処女」の定義は、「国、地域、宗教、民族、性交対象の性別」によって、もっと言うと、「個人」によって大きく異なります。


ただ、日本では「男性器を膣に挿入した経験がないこと」が処女の一般的な定義のようです。


タンポンを使っていようと、月経カップを使っていようと、ラブグッズを愛用してようと、レズビアンでパートナーがいて行為をしてようと、男性器を挿入したことがなければ処女であるということです。


「処女の定義」を深堀りすると、ここでは解説しきれなくなるので、簡単にまとめてしまうと、そういうことです。


ですので、「月経カップを使うと、処女じゃなくなるのか?」という問いには、


「一般的には誤解だけど、その人の考え方次第」


というのがベストアンサーな気がします。


ここからは余談ですが、


周りのクラスメイトが初体験できゃーきゃーし始める頃から、


「処女が大事」とか「処女が魅力」とか「少女卒業」とかいう日本語を、妖子は理解することが出来ませんでした。


「だって、あんなのただの穴じゃん」と考える、かわいくない子供だったのです笑。


でも、今となっては、かわいくない幼い妖子の考えは、あながち間違ってないのではと思います。


「処女」という概念は、結局人間の都合で生まれたもので、
令和になった今でも、医学的定義はありません。



時代が変わって、いろいろな概念や価値観が変わっていくのに、「処女」は今でも、おかしな都市伝説の標的になり、奇妙に拝められています。


私にとって、とても、とても不思議なことです。

処女でも月経カップを使えるのか?

ここでの処女の定義は、「男性器を膣に挿入した経験がない」としておきます。


その上で、処女でも月経カップが使えるのでしょうか?


私が今まで受けてきた個別相談の中にも、そうした人は何人かいらっしゃいましたが、無事デビュー出来ていました。


詳しくは、別記事にて解説していますので、合わせてご覧ください!おすすめの月経カップも紹介しています。



処女膜強靭症

さて、ここからは、処女膜にまつわる病気について、2つシェアします。


処女膜は、靭帯で形成されていて、柔らかく伸びやすいです。


ですが、生まれつき処女膜が通常よりも厚かったり、固かったり、伸びにくかったりする人がいます。


性交の度に、挿入はできても痛みで辛かったり、出血と痛みがあったりする場合は、処女膜強靭症を疑ってみると良いかもしれません。


不安や恐怖など、精神の状態が原因のこともあるようですが、大部分は、生まれつきです。


ほとんどの人はこうした病気の存在を知らないため、誰にも言えずに悩んでいるのではないかと思います。


処女膜強靭症は、処女膜切除という、比較的簡単な手術で対応することが出来ます。


月経カップの利用で、処女膜強靭症に気づいたというケースは、聞いたことがありませんが、可能性としてはありえると思うので、頭の片隅に留めておくと良いかもしれません。

処女膜閉鎖症

処女膜に穴が空いておらず、膣がふさがっている状態です。


こちらも生まれつきの疾患のため、手術が必要です。


初潮を迎えても、体の外に経血が排出されないため、膣に経血が溜まっていきます。


最終的に、膣や子宮、卵管が経血でパンパンに膨れ上がるため下腹部が痛くなったり、また、膀胱や腸が圧迫され排尿障害、排便障害が起こったり、いろいろな症状が出てきます。


(見かけの上では)初潮は来ていないのに、定期的に下腹部が痛くなる、などといったサインがあるようですが、患者が思春期で周りに言えなかったり、症例が少なかったりするため、発見が遅れるケースも少なくないようです。


処女膜強靭症と同様、処女膜を切開して対応します。


こちらは、月経カップとは直接関係ない疾患ですが、知識として是非知っておいてください。


ちなみに、見かけ上の生理が来ておらず、腟内に経血が溜まっていく状態を「月経モリミナ」と言います。

まとめ

・「月経カップを使って処女ではなくなる」は一般的には誤解
・処女の定義は人によって異なる
・処女でも月経カップは使える
・処女膜は生まれた時から破れてる
いかがでしたか?


こんなことだぁれも教えてくれないけれど、無暗に(ハートが)傷つかないためにも、とても大事な知識だと思いませんか?


月経カップを使う過程で、処女膜や処女に注目した皆さんは、とってもラッキー!!!!


都市伝説に振り回されることなく、快適な生理ライフを!!!